交通事故で訴訟

交通事故で訴訟

Pocket

調停交通事故が起こった場合の双方の解決策としては、お互いの任意保険会社同士の話し合いで決着をつけるというイメージが強いと思います。実際のところこのような形での示談で解決することがほとんどなので、交通事故で訴訟問題にまで発展するという事は想像していない人が多いかもしれません。しかし実際のところ示談で解決に至らない場合は裁判所での調停へと進む場合もあり、それでも合意に至らなければ本格的な裁判において決着をつけるということになりかねません。

基本的に交通事故が訴訟問題に発展する場合には民事裁判で損害賠償問題が争われることになります。交通事故で刑事裁判が開かれるようなケースというと、ひき逃げや飲酒運転など悪質な違反行為による死亡事故などが起きた場合でしょう。交通事故で裁判が起こる場合ほとんどは民事裁判なので、基本的には個人で民事裁判を起こすということも可能です。裁判を起こすには弁護士を雇う必要があるというイメージが強いと思いますが、システム的には民事裁判に関しては弁護士を雇わずとも自分で訴訟を起こすことができます。とはいえ慣れない裁判沙汰は個人で全て行うというのは大変な労力やストレスがかかるので、弁護士に依頼した方が良い場合がほとんどでしょう。


Comments are closed.