個人で訴訟は大変

個人で訴訟は大変

Pocket

裁判所交通事故が裁判沙汰にまで発展する場合自分で訴訟を起こすためには、まず裁判所に訴状の提出が必要になります。その後口頭弁論を行い証拠の提出をする必要があります。その後裁判所から和解の提案があり、最終的な判決へと至ります。現実的には交通事故の訴訟が起きてもどちらかが全面勝訴するという事は少ないようです。そして訴訟が長期化することによってお互いに時間や費用や精神的なストレスの面でかなり負担を感じるようになり、多くの場合和解に至ることが多いようです。

こうした流れを考えると裁判経験もない素人が証拠集めから口頭弁論までこなすというのは大変難しいことと言わざるをえません。あくまでも判決で勝訴することが目的ですので、訴訟問題まで発展してしまうようであれば、きちんと弁護士に依頼すべきでしょう。弁護士に仕事依頼することによって精神面で強いストレスにさらされる必要がなくなりますし、面倒な手続きを代行してくれますので労力や時間を大幅に節約することができます。さらに勝訴できる可能性も高くなり、賠償額の増額ということも期待できるかもしれません。交通事故が原因で訴訟問題に発展する場合はまず早い段階で交通事故に詳しい弁護士に相談することを考えましょう。


Comments are closed.